みのりケアステーション

いつも大変お世話になっております。みのりケアステーション(訪問介護)の管理者をしています高橋武範と申します。私は2009年8月に株式会社みのりへ入社しました。それまでは介護業界とは無縁の業界で営業職、システム関連でやってきていたので、まったくの素人からの出発でしたが、ベテランのヘルパーさんや訪問看護師さん、地域の他事業所の同業種やケアマネージャーの方々に沢山な事を学び、試行錯誤を繰り返してやってきました。

当事業所は2010年5月に訪問介護事業所として開始致しました。
当初より、サービス品質の向上や技術力を高めることをスタッフの皆んなで取り組んでいましたが、どうしても特定のヘルパーさんにサービスが偏ってしまう事が多々ありました。「技術力はかなり高いはずなのに…」と。この現象を考えてみたところ一つの事がわかりました。

それは、「コミュニケーション能力」が在宅介護では一番大事であるということ。

そこで当事業所では下記の事をスタッフに周知しました。

  • タメ語(友達言葉)は使わないで丁寧な会話をすること
  • 傾聴を重点におき、聞くことに徹すること
  • 笑顔を忘れずにいること
  • 当たり前と思うでしょうが、これが中々できない(理解できない)人もいます。
    どんなに介護の知識があっても、どんなにオムツ交換が上手でも、どんなに料理が上手でも上記の事を理解できない人は利用者様宅のチャイムすら鳴らす事もできなくなるという現実があるからです。

    ただ、逆にオムツ交換が多少下手でも、料理がちょっと苦手でも上記の事を理解し丁寧に対応すればクレームはきませんし、担当者を外されることも今までありませんでした。

    みのりケアステーションでは、コミュニケーション(人と人のふれあい)を第一に考えて、住み慣れたご自宅で安心のできる生活をサポートしています。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    株式会社みのり 取締役専務 兼
    みのりケアステーション
    管理者 高橋武範

    訪問介護へのご連絡

    電話 048-813-3700

    ページの先頭へ